良いがん保険を選ぶのに知っておきたい事

今は2人に1人ががんになると言われています。自分ががんになったらと考える人は多いと思います。がんの進行状態、残りの寿命、辛い闘病生活など不安になる事が多いですが治療にどれぐらいお金がかかるのかも大きな問題になります。心の不安を少しでも軽くできるようがんに備えて良いがん保険を選ぶようにしましょう。

がん保険は主に4つから構成されており、診断給付金、入院給付金、手術給付金、通院給付金があります。がん保険を選ぶのに最も重要なのは診断給付金です。診断給付金とはがんと診断確定された時に受け取れる給付金の事です。診断確定された時点でまとまったお金を受け取れる事でこれから治療にかかるお金の心配も軽減できます。

入院給付金はがんで入院すると受け取れる給付金です。入院1日につき5000円や1万円など入院費をカバーしてくれるのですが医療保険と違うのは入院支払い日数が無制限な事です。最近は長期入院をさせる病院は少なくなっているので2カ月3カ月も入院する事は少ないでしょう。

手術給付金は所定の手術を受けた時に支払われる給付金です。基本医療保険とあまり変わりはないので他の保証と総合的に判断するといいでしょう。通院給付金の支払い条件のポイントは入院の有無に関わらず通院だけの治療でも支払われるかどうかです。1度入院している事が条件かがん治療の通院であれば支払われるのか確認しておきましょう。

この3つの給付金は病症によっては少額になる可能性もあります。そしてこの3つの給付金を請求できるのは治療後、入院後になるためやはりがん保険を選ぶ際には診断給付金を重視して考える事が大切です。愛媛県行ってみない?